大分県宇佐市出身です。

幼少期は身体が弱く、小児喘息を
患っていました。

小学3年生から父親の影響で
野球を始め、また身体を鍛える為
水泳も始めました。

その後1年ほどで小児喘息が治り、
心肺機能が高まったお陰で
小学校6年時はマラソン大会で
区間賞を取るまでになりました。

その後水泳こそ辞めて
しまいましたが、野球は上達し
小学校6年時に4番キャッチャーで
県大会に出場し大分県4位になり、
西日本大会にも出場しました。

中学は硬式野球チームの
宇佐ボーイズに所属。

1年間所属しましたが
軟骨骨骨折と診断されて
膝を手術した結果、
満足に練習が出来ず
また当時所属していた
硬式野球チームが
週3日しか練習がなかった為、
リハビリをしながら
毎日野球に携わりたいと
硬式野球チームを退団し
中学校の野球部に入部しました。

その後毎日の地道な努力が
功を奏し、宇佐市の選抜チームに
選ばれ、主将で3番ファースト
として県3位の成績を収めました。

その功績も認められ、高校から
2校ほど声が掛かり、スポーツ特待生
として大分私立柳ヶ浦高校野球部に
入部しました。

野球部は全寮制で3月から
高校1年生の3月から寮生活を
始めました。平日は朝6時から
朝練習が始まり、朝から学校に行き、
火曜日、金曜日は授業が4限、
月曜日、水曜日、木曜日は6限で
授業が終わり次第、練習が始まるという
野球漬けの毎日でした。

休日は朝から夜まで練習、
また朝から夜まで練習試合
という毎日で24時間野球に
打ち込める環境でした。

高校野球といえば上下関係の厳しさは
伝統ですが、私達の高校はその中でも
かなり厳しかったです。

野球部は全寮制だったので、
24時間先輩に気を
遣わなければならない事などが続き
口答えが許されない状況だったので
本当に苦しくここまでして野球を
続ける意味があるのかと
感じたりもしましたがそのおかげで
忍耐力がつき、今では高校野球の
3年間よりキツイことは
なかなかありません。

高校野球の厳しさを痛感し始めた
2009年7月11日夏大会の開会式の
道中でバス事故を経験し、
大分県別府の高速道路で夏の大会に
向かう途中にバスの横転が原因で
私の1つ上の先輩が亡くなりました。

バス事故はバスの運転手であった
私達コーチのスピード違反と小雨で
道路がスリップしやすくなっていた
2つの原因で起こりました。

私は奇跡的に無傷でバス事故から
生還しましたが、周りのみんなは
血だらけでパニックに陥り、状況を
理解出来ないまま1つ上の先輩は即死、
他の方もかなりの人数が重軽傷を負い
その後の野球人生が絶たれた方なども
いらっしゃたので未だにあのショックを
忘れられません。

幸いバス事故で無傷だった方も
パニック障害、過呼吸など事故を
思い出すたびに発作が出てしまい
学校を辞めていく人が何人もいました。

当時16歳という若さで
たくさんの方の人生が
狂う瞬間を間近で見て
その当時はなにも
考えられない程の衝撃的な
出来事でした。

その後バス事故でショックを
受けており、しばらく実家に
帰省して療養していましたが
もう一度甲子園に行きたいと思い
寮生活に帰りました。

寮生活に戻った当初はバス事故で
落ち込んでいて野球部員全員で
乗り越えようという風潮がありましたが
時間が経つにつれてバス事故の悲しみが薄れ、
厳しい上下関係が戻りました。

全寮制で24時間先輩への気遣いをする事に
ストレスが溜まりまた同級生にも
心許せる友人がいなく、胃腸炎を
5、6回繰り返し、高校2年の春に
自律神経失調症にかかり、寮内で倒れ
救急車に運ばれてから野球が出来なくなり、
約3ヶ月程実家で不登校を経験しました。

不登校の間は本当に毎日を過ごすのが
本当に辛くなぜ自分はこの道を
選んでしまったのかと後悔しながら
家のベッドで寝てただ刻々と時間が
過ぎるのを待つばかりでした。

高校2年の秋から全寮制の中で特例で私だけ
実家から通わせてもらいながら学校に
行き始めたので当然同級生の風当たりは
冷たく、結局高校生活で
心許せる友達が出来ませんでした。

プロになりたくて柳ヶ浦高校に
入部しましたがベンチ入りしたのは
高校1年の秋に1回だけでそこからは
野球をまともにプレーしていません。

小学校、中学校と周りの人に比べて
野球も上手く勉強もスポーツも
そこそこ出来て何でも自分の思い通りに
世界が動くと勘違いして高校に進んだ
私にとって高校野球という厳しい場所で、
同級生とは馴染めず、プロになるという
夢どころかレギュラーにすらなれないという
全てが上手くいかなかった高校時代を
経験出来たことはそれまで天狗だった私を
見直す貴重な時間になりました。

高校野球が終わり、当時就職と進学に
迷っていましたが高校野球の全寮制という
小さな組織で苦労したので大きい世界をみたい、
色んな人に会い、色んな価値観を知る事で
世の中を学びたいと思い大学進学を決意しました。

しかしここで再び大きな壁に衝突しました。

その壁とは私達の高校は、
それぞれの部活が全国大会に出場する為に
3年間スポーツをする事だけを
考えるスポーツに特化した高校であり、
その為高校3年間で中学の範囲を
復習する勉強方法でした。

同級生のほぼ全員がスポーツ推薦で
大学や就職を決める中で自分の学力
で大学進学を狙う私は異端児扱いされるほど
勉強とは縁遠い高校でした。

今まで古文や漢文、物理、生物など
習った事が無く、また”センター試験”
という言葉すら高校3年当時に
知らない状況でしたが一応、現役で
福岡大学に合格を目指し、
推薦入試、一般受験など様々な方法で
挑戦しましたが結果全部不合格で
浪人することを決めました。

高校卒業後、予備校探しを始めたのですが
高校時代勉強をしていなかったため偏差値が
30ちょっとしかなかったらしく某予備校から
「あなたの学力じゃこの予備校では
やっていけない」と衝撃的な断られ方をして
私みたいな所謂落ちこぼれを受け入れて頂ける
四谷学院北九州校に入学しました。

四谷学院は個人のペースに合わせてくれる
マンツーマン授業と学力が近いもの同士で
クラス編成をしてくれる少人数授業の2つから
成り立っていて自分みたいな落ちこぼれも
周りの目を気にせず勉強が出来ないことを
さらけ出せたことは四谷学院に入学して
本当に良かったと思います。

ただ自分のペースでやらせてくれていたので
全て自己責任なのでやる気がなくなり授業を
サボり始めたり、友達と話して現実逃避を
する友達が次第に増えたことも事実でした。

そんな環境下で生き残る為に私が取った方法は
ライバルを1人見つけてその方の勉強時間や
勉強方法を模倣して、また信用できる先生を
科目毎に1人見つけて勉強のやり方の情報を絞り、
身につくまで何度も反復をするという
地道な作業の繰り返しを行いました。

入校当初の4月は勉強の仕方も分からず
結果もついてこない状況で大変苦しかったですが
この勉強方法で、7月くらいに要領を掴んでからは
偏差値が一気に20くらい上がり夏には現役時代に
憧れていた福岡大学のA判定が出たので志望校を
明治大学まで引き上げて2月まで走り抜きました。

結果2月の受験の結果は福岡大学は商学部、
経済学部、スポーツ学部は全部受かり、
1年前の全部不合格のリベンジは果たせましたが
明治大学は落ちました。

落ちた要因を分析すると一生懸命やっていれば
結果は出るだろうと根性論で量に
特化し過ぎてしまいそこに自分なりの理論を
構築出来なかった事。

その結果、暗記は出来るが応用には
対応出来ないという状況に陥り
今思えば当然の結果となりました。

こうして1年間浪人をした後に
福岡大学商学部商学科に入学しました。

なぜ三学部合格を頂いた中で商学部に
入学したかと言いますと商学部は
より実践的な勉強が出来ると予備校の先生に
アドバイスを頂いたからです。

スポーツに関しては高校野球の苦い思い出があり
少し距離を置きたかったですし、経済学は
数学が苦手な私にとってはあまり興味が
湧かないジャンルだと思った中で当時
公認会計士か税理士を目指したいと思ってた私は
福岡大学で唯一公認会計士、税理士の
育成プログラムがある商学部に進む事を選択しました。

大学進学直後は公認会計士、税理士になる為
日商簿記三級を約3カ月で取るなど順調な
滑り出しでしたが、高校野球と浪人生活の
厳しい環境の中に自分を閉じ込めていた反動で
昼夜逆転してひたすら遊びにのめり込んでしまう
という絵に描いたような大学生活を送ってしまいました。

(高校や浪人の青春真っ只中で遊べなかったので
遊び尽くせて後悔はしていませんが遊びの時期が
長過ぎた事は反省しています。笑)

そんな日常過ごしている中で1つの転機が訪れ
それが大学2年生に行われたゼミ選びです!

私は経営に興味があったので合力知工教授の
ゼミに応募し、無事ゼミ生として
入れてもらう事が出来たので合力先生の
ゼミ生として現役時代は活動していました。

浪人時代は大学に合格する為にはどのくらい
偏差値を上げなければいけないのか、
どんな問題を解けなければいけないのかと
明確に数値化が出来て、また形になっていたのに
対し、大学は当初こそ公認会計士、税理士を
目指していましたが遊びに明け暮れ、
目標がないまま日々を生きていた為、
ゼミに入れた事は1つの目標をゼミという
組織でシェアして全員で取り組めるという点で
大きな転機になりました。

またゼミの先生からポジティブシンキングを学び
元々はネガティブだった私もポジティブに物事を
考えることで以前に比べてポジティブと
ネガティブの両方の観点、即ち色んな角度から
物事を捉える事が出来る様になり、志向の幅が
広がったという点で自分の中で大きな財産と
なっています。

ゼミでは福岡県の銭湯活性化プロジェクトを行い
その中で福岡県公衆浴場生活衛生同業組合公認の
ゆるキャラを作ったり商学部の知識を活かして
マーケティングを行なったりしたのですが
次第にそのプロジェクトは先輩が土台を
作ってくれたものを受け継いでいるだけ
なのではないかと感じ、どこにも依存せず
自分自身で価値を生み出したいと
思い始めていました。

それから自分で何かを生み出す為に色々
模索しながら1年が過ぎた2015年8月
大学3年生時友人が東北へボランティアに行くと
言っていたので何かの転機になるのでは
思ったのと1度東北を自分の目で見たかったので
友人に便乗する形で東北へ行きました。

実際に東北に足を運んで感じた事は自分が
考えていた以上に復興支援が進んでおり、
企業規模でなければどうする事も
出来ないような案件は沢山残っているものの、
個人的に手伝う事(瓦礫撤去やゴミ拾い)は
ほとんど残っていませんでした。

実際に現地に足を運んだ事でメディアと現実は
違う事を知る事が出来て改めて自分の目で物事を
見る大切さを学んだ一方で、現地で何も出来ず
無力感を痛感したので同じ日本人として私自身で
東北の為に何か価値を生み出す事は出来ないかと
この経験を機に
思うようになりました。

そこから縁あって同年10月14日に松永武士さんが
福島で経営するブランド「KACHIUMA」の工芸品
である大堀相馬焼を福岡に広めるイベント
「福島から世界へ 〜過去、現在、そして未来〜」
を友人2人と企画し、開催させて頂きました。

実際に私は東北に行き、現地を自分の目で
見ることで初めて知る事が沢山ありましたが
やはり行かなければ分からないですし、
九州に住んでいると自ら得ない限り
東北の情報は入ってこないのが現状です。

そこで私達が福岡の方、特に若い学生に
東北の現状を知り、東北に興味を持って
将来的に東北の為に動いて頂く1つのキッカケに
してもらうべく学生などにも声を掛けた結果
イベント当日は100人程集まり九州の方々と
東北を繋げるマッチングの役割を担えたと感じ、
私達なりに価値を生み出せたのではないかと
感じています。

そんな中で同年11月10日に
節外性NK/T細胞リンパ腫鼻型と宣告され、
11月20日九州大学病院に入院する事に
なったので当初は生きた心地がしませんでしたが
この状況で何か価値を生み出せないかと考え、
自身の闘病経験をリアルタイムで発信する為に
ブログを作りました。

ブログを作った結果、色んな方から
応援して頂けるようになりブログを
見て頂いた人の中には「生きる意味を
改めて考えさせられた」と言って頂き、
病気という一見マイナスに見える事象も
考え方や行動次第では人の役に立つ事が
出来るし、病気をきっかけに全ての出来事に
意味があるのではないかと思うように
なりました。

それから2ヶ月後の2016年1月15日に
抗がん剤、放射線治療が無事終わり、
治療後1年間は再発率が最も高いので学業に
専念する形で就職活動をせずに2017年3月に
大学を卒業してから就職活動を始めました。

そして私自身がお世話になった投薬治療で
薬に興味を持ち世の中の病気で苦しむ沢山の人に
「私と同じ思いをして欲しくない」
という気持ちから医療関係の会社を受け続けて
某製薬メーカーの営業(MR)に内定を頂きました。

悪性リンパ腫という死を感じた重病を経た事で
病気で苦しむ方々の気持ちは痛いほど
分かりますので医療を勉強し、より多くの人々の
苦しみを和らげる為頑張ります。

またブログも少しでも皆さんに
役立つよう発信して頂きますので
今後とも宜しくお願い致します。