こんばんは!

 

皆さま前回、前回前々回の
記事をご覧頂き本当に
ありがとうございます。

 

多くの方に見て頂き
大変嬉しく思います!!!

 

より多くの方に見て頂けるよう
邁進していきますので
引き続き宜しくお願いします。

 

今日はいよいよMさんの
インタビュー記事 最終回
の連載を行います。

Mさんの記事を再度
読み直したい方はこちらを
ご覧になって下さい。↓

インタビューNo. 1 前縦隔腫瘍(胸腺がん)ステージ4と闘うMさん~初期症状から病名特定までの経過~

 

インタビューNo. 2 前縦隔腫瘍(胸腺がん)ステージ4と闘うMさん~病名発覚直後の心境~

 

それでは
インタビュー記事をどうぞ!

インタビューNo. 3 福岡大学出身のMさん

 

本日から福岡大学出身である
Mさんの特集を行います。

 

Mさんの事を簡単に
説明させて頂くと
大学卒業時には既に
お子さんを出産しており、
それ以来十数年家事や
育児をされている一方で
現在は病気の為、
休職されていますが
保険外交員→薬の営業→携帯会社
→冠婚葬祭会社営業など
いくつもの仕事を渡り歩いて
活躍された経歴を持つ
仕事と育児を両立された凄腕の方です。

 

そんなMさんと私の関係性は
同じ大学のゼミの先輩・後輩
という関係で正直な話、普通に
生活すれば関わる事のない
一回り以上も歳上の方ですが
私のゼミが上下の関わりを
重んじているゼミであり、
ご縁あってSNSで繋がったのが
出会いの始めですが

 

その後、私が悪性リンパ腫に
なった時に直接お会いした事が
無かったのにも関わらずMさんは
私のブログを読んで頂き、
お忙しい中いつも励ましのお言葉を
かけて頂きました。

 

闘病当時、会った事も無い
ゼミの後輩という関係性
なのにも関わらず、
励ましのお言葉を沢山頂き、
Mさんの優しさに何度も救われました。

 

そんな心優しいMさんが
余命1ヶ月の末期ガンを
去年10月から患っており、
現在も病気と闘われております。

 

Mさんの入院生活を見ながら
闘病されているリアルな情報を
発信すれば多くの方の「何か」を
変えるキッカケになるのではと思い、
今回の企画を立ち上げました。

 

(以下 インタビュー)

 

・Q7(私)ガンが
見つかってから
具体的にどのような
治療を受けていますか?
(手術や投薬など)

 

A7(Mさん)最初CT見ながら
穿刺する手術を受けて
2週間結果待ちしましたが
組織が壊死していました。

その後抗がん剤の型を決める為
肺の一部を切り取る胸腔鏡手術を
やり直して型が決まりました。

抗がん剤の型が
決まってからは
1クール(約1ヶ月)のうち
1日目、8日目、15日目に
点滴で抗がん剤の投与を
受けています。

1週間程の休薬期間は
一時退院して今現在は
4クール目の休薬期間中です。

 

・Q8(私)私の場合はガンを
患ってからは病前の健康時に
比べてモノの見方が変化した
(例 毎日ただご飯を食べる
→美味しいと感じる幸せに
気付く)のですが、Mさんは
病前病後で心鏡の変化などは
ありましたか?

 

A8(Mさん)私が余命宣告されて
どん底で書いたFacebookで
思いもよらないくらい沢山の
今まで縁があった友人の方々が
何度も温かく、励ましに会いに
来て下さいました。

1クール目のべ377人
2クール目のべ102人
3クール目のべ77人

みんなが励まして下さる
おかげで今があります。

心理的にはもちろんですが
物理的にも、酸素を10ℓ
流していた頃に比べると
沢山の方々とこれが
最後かもしれないという
つもりで話をしたことが
肺のトレーニングに
なったのだと思います。

病棟のスタッフの方々に
奇跡だと言われるくらい
回復しました。

初めはどうして働き盛り、
子育て盛りの真っ只中に
こんな大病を患うのかと
思いましたが私がこの時期に
みんなに伝える為に選ばれて
お役目を授かったのかなと
思えるようになりました。

皆さんが私と話して
「元気が逆に出たよ」
言って下さるので
色々話をする事が皆さん
各々の家族や人生を少し
立ち止まって客観的に
振り返る1つの契機作り
としてお手伝いが
出来たのではないかと
思っています。

病を得て、今では病に
感謝するくらいです。

私や家族にとっても
良いタイミングで神様に
少し休みなさいよと
言われたのかなとも
思っています。

 

・Q9(私)病気を
経験された上で健康に
過ごしている方々に
伝えたい事があれば
お願い致します!!!

 

A9(Mさん)健康は
食事、感情、生活リズムを
整えて努力して得る
ものだと思いました。

時間は自分や家族の為に
有効に使える様に
なりたいし、幸せだと
思って過ごす事が
健康寿命なのかなと
思っています。

迷ったら楽しい方、
ときめく方を選ぶ!

 

(以上 インタビュー)

 

いかがでしたか?

 

全3回のインタビュー
でしたが記事を見る度
Mさんの精神力の強さが
見えると思います。

 

インタビューの中に
ありましたが働き盛り、
子育て盛りで自分自身に
構う余裕もない中で唐突に
病気が見つかり精神的に
本当に辛かったと思います。

 

また肉体的にも治療で
手術を2回も受け
且つ抗がん剤治療を
今現在4ヶ月に渡り
続けられたりと
正直Mさんの辛さは
推し量る事が出来ませんし
常人では耐えられないと
思います。

 

そんな状況の中で

「自分が病気を
患ったのはみんなに
何かを伝えるお役目を
授かったのかもしれない。」

 

「自分や家族にとっても
病気を患ったのは
良いタイミングで
神様に少し休みなさいと
言われたように考えている。」

 

余命宣告を受けてどん底に
いながら上記の様に
思考を転換しながら
前に進むMさんの生き方は
凄くカッコ良くて皆さまも
勇気づけられる瞬間が
あるのではないでしょうか?

 

だからこそ約3ヶ月の間に
500人以上の方々が
お見舞いに来て
「逆に元気がもらえた」と
おっしゃるのでしょうし、
また思考を転換し、
前向きに進んでいるからこそ
病院のスタッフの方々に
奇跡だと言われるくらいの
回復が出来たのではないかと
思います。

 

今朝スティーブジョブズ氏の
スピーチを動画で見た時、
ジョブズ氏がこんな事を
言っていました。

スティーブジョブズ氏スピーチ

(9分5秒くらいから下記の
引用箇所が出てきます)

死とは私達すべてが
同じくする行先である。

自分がやがて死ぬという
意識を持つ事は自分の人生で
重大な選択をする為の
助けになる。

周囲から向けられた期待、
誇り、屈辱や挫折に対する
恐れなどの事柄は死に
臨んだ時にはただ消え失せ
真に大切なモノのみ残る。

時間は限りがあるからこそ
自分の心と直感に従う勇気を
持って下さい。

スティーブ ジョブズ氏の
スピーチと照らし合わせると
Mさんの

「時間は自分や家族の為に
有効に使える様に
なりたいし、幸せだと
思って過ごす事が
健康寿命なのかなと
思っています。」

「迷ったら楽しい方、
ときめく方を選ぶ!」

この言葉は正に死を
間近に感じたMさんの
真に大切なモノや考え方、
自分の直感に従う勇気を
表しており、このような
重みのある言葉に触れる事が
自分の人生を振り返る
1つの契機になるのでは
ないでしょうか?

 

最後に今回の
インタビューで私が
Mさんから学んだ2点を
書きまとめます。

・1人では決して
乗り越えられない
辛い現実も何度も周りの
方々に助けられ支えて
頂く事で徐々に思考が転換し
前に進む事が出来る

・時間は有限であると
認識し、今やらなければ
いけないことは何か?を
見定めて行動する事が
大切である

 

Mさん全3回に渡って本当に
ありがとうございました!

 

今後もMさんの応援を
していきますので
皆さまもぜひMさん
応援して下さい。

 

それでは!